■待合室■

 

■診察室■

 

■キッズコーナー■

■設備機器紹介■

【デジタル超音波装置】

 

頸動脈超音波 

頸動脈の状態評価を行い動脈硬化の評価を行います。

 

心臓超音波 

心臓の状態評価を行い心臓の弁の状態、心臓の機能を評価します。

 

腹部超音波 

肝臓・腎臓・膵臓などおなかの臓器を評価し状態の変化の原因を調べます。

【X線一般撮影装置】

 

胸部・腹部の病気の診断目的に主に使用します。

デジタル化により詳細な画像処理ができるようになりました。